突発災害調査研究部門

突発災害調査研究部門

令和4年6月29日豪雨によるペーパン川被災状況を調査しました

当センター突発災害調査研究部門の早川博教授が、令和4年6月29日の豪雨で被災した、旭川市のペーパン川周辺で7月1日に調査を行いました。 調査結果は、今後、学会や学術雑誌等で発表する予定です。現地などで調査にご協力いただいた皆様に感謝いたし...
突発災害調査研究部門

白川准教授が2021/22冬季の札幌大雪について講演しました

突発災害調査研究部門所属の白川龍生准教授(気象予報士)が、令和4年5月13日(金)、公益社団法人日本技術士会北海道本部地方委員会(道央)の令和4年度第31回総会・講演会にて、『#雪どうする 2021/22札幌大雪の経験を今後に活かすには』...
突発災害調査研究部門

白川准教授が札幌市内の積雪調査を実施しました

 2022年2月5日(土)から6日(日)にかけて記録的大雪となった札幌市の積雪状況を把握するため、突発災害調査研究部門の白川龍生准教授が、2月12日(土)に札幌市内で積雪調査を実施しました。 白川准教授は日本雪氷学会北海道支部会員と分担し...
インフラ耐災技術研究部門

屋外水路を用いた洪水流による実物車両の漂流実験を実施します(終了しました)

 東京理科大学 理工学部 土木工学科 水理研究室と北見工業大学 地域と歩む防災研究センターでは、大規模屋外水路を用いて洪水流による実車両の漂流実験を実施します。 昨今の豪雨災害で顕著化している河川氾濫被害の一つとして、自動車走行中に洪水流...
突発災害調査研究部門

青森県で発生した土砂災害について地域と歩む防災研究センターの川尻峻三センター長が報告します

2021年8月8日(日)から9日(月)にかけて台風9号から変わった温帯低気圧に伴う大雨によって、青森県内の下北・上北地方を中心に河川の氾濫や土砂崩れなどの被害が多数発生しました。被害に遭われた皆さまには心からお見舞い申し上げます。 ...
突発災害調査研究部門

環境防災工学コースの4年生が気象予報士試験に合格しました

 令和3年1月に実施された第55回気象予報士試験の合格者が先日発表され、北見工業大学地球環境工学科環境防災工学コース4年の石井日菜さんが見事合格、気象予報士として登録されました。  石井さんは北見工業大学入学後、雪氷防災研究室(指導...
インフラ耐災技術研究部門

北見工業大学と株式会社NTTドコモの5Gを活用した防災・一次産業における実証実験の記者説明会を開催しました

 令和2年10月22日(木)、5G(第5世代移動通信システム)を活用した防災・一次産業における実証実験の記者説明会を開催しました。  北見工業大学と株式会社NTTドコモ北海道支社は、令和元年12月25日(水)に「5Gを活用した防災・...
インフラ耐災技術研究部門

洪水による河川増水を再現した実物大模型堤防実験公開のお知らせ(終了しました)

 当センターでは、河川増水による堤防の損傷・決壊状況の把握と、その前兆を捉えるためのセンサー開発のため、実物大模型堤防を用いた実験を実施します。 本実験では、オホーツク地域創生研究パークの屋外実験施設に構築した高さ2m の実物大模型堤防に...
突発災害調査研究部門

突発災害調査研究部門の白川准教授が道央・道東・道北41地点における広域積雪調査を実施しました

 令和2年2月20日から3月3日にかけて、当センター(SAFER)突発災害調査研究部門の白川龍生准教授が北海道内41地点において広域積雪調査を実施しました。  これは2014年より毎年実施している調査で、融雪出水直前期(2月下旬~3...
突発災害調査研究部門

突発災害調査研究部門の吉澤准教授が津波観測支援のための海洋レーダ試験に参加しました(高知県芸西村)

 令和2年1月、当センター(SAFER)突発災害調査研究部門の吉澤真吾准教授が高知県芸西村で実施された津波観測支援のための海洋レーダ試験に参加しました。 海洋レーダは広範囲な海域の海流や波浪の情報を連続的に取得することが特徴であり、沿岸漁...
突発災害調査研究部門

オホーツク寒冷地防災パークに出展しました

 令和2年2月9日(日)に実施された「オホーツク寒冷地防災パーク(主催:NHK北見放送局)」に白川龍生准教授(突発災害調査研究部門)が実験ブースを出展致しました。  第50回北見冬まつり期間中に開催された同イベントは、北見駅中央プロ...
受賞

白川龍生准教授が2019年度北海道雪氷賞【北の六華賞】を受賞

 この度、白川龍生准教授(社会環境系、突発災害調査研究部門)が、公益社団法人日本雪氷学会北海道支部の2019年度北海道雪氷賞【北の六華(りっか)賞】を受賞しました。 北海道雪氷賞は、若手研究者や実務者の活発な学会参加、幅広い研究分野との融...
タイトルとURLをコピーしました