インフラ耐災技術研究部門

インフラ耐災技術研究部門

屋外水路を用いた洪水流による実物車両の漂流実験を実施します(終了しました)

 東京理科大学 理工学部 土木工学科 水理研究室と北見工業大学 地域と歩む防災研究センターでは、大規模屋外水路を用いて洪水流による実車両の漂流実験を実施します。 昨今の豪雨災害で顕著化している河川氾濫被害の一つとして、自動車走行中に洪水流...
インフラ耐災技術研究部門

北見工業大学と株式会社NTTドコモの5Gを活用した防災・一次産業における実証実験の記者説明会を開催しました

 令和2年10月22日(木)、5G(第5世代移動通信システム)を活用した防災・一次産業における実証実験の記者説明会を開催しました。  北見工業大学と株式会社NTTドコモ北海道支社は、令和元年12月25日(水)に「5Gを活用した防災・...
インフラ耐災技術研究部門

地域防災担当者・防災教育者の人材育成を兼ねた公開実験を実施 (終了しました)

 当センターでは、リアルタイム流速解析システム、橋脚傾斜モニタリングと情報発信手法の開発を目的とし、模型を用いた実験を実施します。 日時:2020年10月22日(木) 8:30~16:30(予備日:10月23日(金)) 場所:...
インフラ耐災技術研究部門

洪水による河川増水を再現した実物大模型堤防実験公開のお知らせ(終了しました)

 当センターでは、河川増水による堤防の損傷・決壊状況の把握と、その前兆を捉えるためのセンサー開発のため、実物大模型堤防を用いた実験を実施します。 本実験では、オホーツク地域創生研究パークの屋外実験施設に構築した高さ2m の実物大模型堤防に...
インフラ耐災技術研究部門

インフラ耐災技術研究部門の吉川准教授が北見河川事務所、寒地土木研究所と共同でアイスジャムの調査を実施しました(網走川)

 令和2年3月、当センター(SAFER)インフラ耐災技術研究部門の吉川泰弘准教授が網走開発建設部北見河川事務所及び国立研究開発法人 土木研究所 寒地土木研究所と共同で、アイスジャムの調査を実施しました。  アイスジャムは河川内の氷(...
インフラ耐災技術研究部門

「大学で学ぶサイエンス」を実施しました

 2019年9月7日(土)、「大学で学ぶサイエンス」を実施しました。  「大学で学ぶサイエンス」とは、大学で行っている教育・研究を地域の高校生に体験してもらうイベントの1つです。北見をはじめとしたオホーツク管内の高校生に参加を呼びか...
タイトルとURLをコピーしました