受賞

大学院生が地盤工学会北海道支部賞(学生部門)を受賞

 このたび、北見工業大学大学院生修了生の山口滉平さん(論文発表時、社会環境工学専攻2年、寒地岩盤工学研究室、指導教員:中村 大 准教授)、小川かけるさん(論文発表時、社会環境工学専攻1年、地盤工学研究室、指導教員:山下 聡 教授)が、公益...
突発災害調査研究部門

突発災害調査研究部門の白川准教授が道央・道東・道北41地点における広域積雪調査を実施しました

 令和2年2月20日から3月3日にかけて、当センター(SAFER)突発災害調査研究部門の白川龍生准教授が北海道内41地点において広域積雪調査を実施しました。  これは2014年より毎年実施している調査で、融雪出水直前期(2月下旬~3...
突発災害調査研究部門

突発災害調査研究部門の吉澤准教授が津波観測支援のための海洋レーダ試験に参加しました(高知県芸西村)

 令和2年1月、当センター(SAFER)突発災害調査研究部門の吉澤真吾准教授が高知県芸西村で実施された津波観測支援のための海洋レーダ試験に参加しました。 海洋レーダは広範囲な海域の海流や波浪の情報を連続的に取得することが特徴であり、沿岸漁...
インフラ耐災技術研究部門

インフラ耐災技術研究部門の吉川准教授が北見河川事務所、寒地土木研究所と共同でアイスジャムの調査を実施しました(網走川)

 令和2年3月、当センター(SAFER)インフラ耐災技術研究部門の吉川泰弘准教授が網走開発建設部北見河川事務所及び国立研究開発法人 土木研究所 寒地土木研究所と共同で、アイスジャムの調査を実施しました。  アイスジャムは河川内の氷(...
受賞

北見工大初の「令和元年度 北海道科学技術奨励賞」、 ダブル受賞(星野教授、川尻准教授)

 この度、「令和元年度 北海道科学技術賞及び北海道科学技術奨励賞」において、機械電気系・オホーツク農林水産工学連携推進センターの星野洋平教授と社会環境系・地域と歩む防災研究センターの川尻峻三准教授の2名が、北見工業大学として初めてにして同...
突発災害調査研究部門

オホーツク寒冷地防災パークに出展しました

 令和2年2月9日(日)に実施された「オホーツク寒冷地防災パーク(主催:NHK北見放送局)」に白川龍生准教授(突発災害調査研究部門)が実験ブースを出展致しました。  第50回北見冬まつり期間中に開催された同イベントは、北見駅中央プロ...
全体

株式会社NTTドコモと5Gの活用に関する連携協定を締結しました

 昨年12 月 25 日(水)、株式会社 NTT ドコモ(北海道支社 櫻井俊明支社長)と北見工業大学は、5G(第 5 世代移動通信システム)を活用した防災・一次産業分野における研究力強化に関する連携協定を結びました。  北見工業大学...
全体

むかわ町と北海道胆振東部地震の災害復興に関する包括連携協定を締結しました

 当センター(SAFER)は平成30年12 月 26 日(木)、むかわ町(竹中喜之町長)とむかわ町の道の駅「四季の館」において、「むかわ町と北見工業大学地域と歩む防災研究センターによる北海道胆振東部地震の災害復興に関する包括連携協定」を締...
受賞

白川龍生准教授が2019年度北海道雪氷賞【北の六華賞】を受賞

 この度、白川龍生准教授(社会環境系、突発災害調査研究部門)が、公益社団法人日本雪氷学会北海道支部の2019年度北海道雪氷賞【北の六華(りっか)賞】を受賞しました。 北海道雪氷賞は、若手研究者や実務者の活発な学会参加、幅広い研究分野との融...
地域協働防災研究部門

北海道防災総合訓練(厳冬期)が実施されました

 令和2年1月25日(土)から26日(日)にかけて、北見工業大学体育館及び講堂で北海道防災会議が主催する北海道防災総合訓練(厳冬期)が実施されました。当センターも後援として参加し、停電を想定した避難所運営訓練の会場となった第一体育館におい...
地域協働防災研究部門

髙橋教授が「土砂災害を考える防災講演会」で講演しました

 地域協働防災研究部門長の髙橋清教授が、令和元年11月27日(水)北見芸術文化ホール(北海道北見市)で開催された「土砂災害を考える防災講演会」(主催:北海道、(公社)砂防学会北海道支部)で講演をいたしました。  この講演会は、土砂災...
受賞

川尻峻三准教授、齊藤剛彦助教が第39回土木学会地震工学研究発表会において優秀講演賞を受賞

 この度、川尻峻三准教授(SAFERセンター長)と齊藤剛彦助教(社会環境系)が、第39回土木学会地震工学研究発表会において優秀講演賞を受賞しました。 本発表会は10月7日(月)~8日(火)、公益社団法人土木学会 地震工学委員会が主催し、大...
タイトルとURLをコピーしました